2005-05-20

ツール編 画像ビュアー

XnView (v1.82/1.70)

入手先

http://xnview.com/

用途

画像の管理

コメント

XnViewに出会う前はIrfanViewが一番だと思ってました。でも、今は違いますXnViewは凄い数のファイル形式をサポートしています。そして、きれいで便利。圧縮ファイルの中まで見に行ってくれます。言う事ありません。

PSやEPSを見るには、GhostScriptをインストールする必要があります。Illustratorのaiファイルも見れるばずなのですが、上手くいきませんでした。aiファイルについてはGSviewを使っています。

GhostScript & GSview

入手先

http://www.cs.wisc.edu/~ghost/

用途

ps,eps,aiファイルの表示

コメント

Texを使っている人はご存知の定番ツールです。XnViewと併用するば、ほとんどの見たいファイルは見る事ができます。参考サイトは英語が多いので、以下にインストールと設定についてメモして置きます。

GhostScriptのインストール

  1. http://www.cs.wisc.edu/~ghost/からGhostscriptのAFPL版をダウンロードします
    Windows用のBinary(インストーラ:gs854w32.exeなど)をダウンロードするのが楽です。
  2. ダウンロードしたインストーラを起動します。
    ここでは C:\gs にインストールするものと仮定します。
    また、日本語用のフォントもインストールして下さい。
  3. [マイコンピュータ]のプロパティを開いて環境変数(Path)に以下の内容を追加します。
    ・・・;C:\gs\gs8.54\bin;C:\gs\gs8.54\lib
  4. 環境変数を有効にするために、一度ログアウトするか再起動して下さい。

ここまですれば、XnViewでPSやEPSが見れると思います。aiも見れるはずなのですが・・・・。なので、aiもみたい場合は、次のGSviewもインストールします。

GSviewのインストール

  1. http://www.cs.wisc.edu/~ghost/からGSviewをダウンロードします
    Windows用のBinary(インストーラ:gsv48w32.exeなど)をダウンロードするのが楽です。
  2. ダウンロードしたインストーラを起動します。
    英語版をインストールします。(ネットを探せば日本語版パッチもあります)
    インストールフォルダは通常の'C:\Program Files'の下で良いです。
    ファイルの関連付けですが、psとepsはXnViewの方が良いので、GSviewへの関連付けは、一切しません。
  3. aiファイルへの関連付けは、GSviewインストール後に手動で行って下さい。

IrfanView32 ver3.95

入手先

http://www8.plala.or.jp/kusutaku/

用途

画像の管理

コメント

画像の管理に使用していますが、簡単なレタッチソフトにも使用できます。画像ビュアーとしては、静止画、動画を含む非常に多くの形式をサポートしており申し分がありません。



最終更新のRSS Last-modified: Mon, 13 Nov 2006 11:23:21 JST (3785d)