2005-05-20

PPMチュートリアル(2) - ZIPファイルからのモジュールをインストールする

[例題]

Jcode 0.87をPPMでインストールします ※Jcodeが未だインストールされていない事を前提にしています。

ZIPファイルのダウンロード

ASPN(ActiveState Programmer Network)の http://ppm.activestate.com/ にアクセスします。

ppm03.gif

[Zips]→[ActivePerl 8xx ]→[Windows]の順にクリックし、ActivePerl 8xx Windows版 ZIP アーカイブのインデックスページ( http://ppm.activestate.com/PPMPackages/zips/8xx-builds-only/Windows/ ) にアクセスします。

次に目的のZIPファイル(Jcode-0.87.zip)を探し適当なフォルダ(ここではC:\usr\tmp\ )にダウンロードします。

ZIPファイルの解凍

ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。ここではC:\usr\tmp\Jcode-0.87\に解凍します。解凍が終わったらコマンドプロンプトを起動し解凍したフォルダに移動して中のファイルを確認します。

C:\>cd \usr\tmp\Jcode-0.87
C:\usr\tmp\Jcode-0.87>dir

 C:\usr\tmp\Jcode-0.87 のディレクトリ

2005/03/12  14:33    <DIR>          .
2005/03/12  14:33    <DIR>          ..
2005/03/12  14:33               406 Jcode.ppd
2005/03/12  14:33    <DIR>          MSWin32-x86-multi-thread-5.8
2005/03/12  14:33               126 README

READMEファイルの中にインストールの方法が書いてあります。

C:\usr\tmp\Jcode-0.87>type readme
To install this ActiveState PPM package, run the following command
in the current directory:

    ppm install Jcode.ppd

「このPPMパッケージをインストールするには、このディレクトリの中で以下のコマンドを実行しなさい:
 ppm install Jcode.ppd」 と書いてあります。READMEに従いインストールして見ましょう。

余談ですが、MSWin32-x86-multi-thread-5.8の中身が少し気になります。覗いて見るとJcode-0.87.tar.gzという圧縮ファイルがあります。拡張子から判断するとtarでアーカイブした後gzipで圧縮したようですが、ここでは解凍する必要はありません。このような処理は全てppmがしてくれます。

モジュールのインストール

C:\usr\tmp\Jcode-0.87>ppm install Jcode.ppd
====================
Install 'Jcode' version 0.87 in ActivePerl 5.8.6.811.
====================
Installing C:\usr\site\lib\auto\Jcode\Unicode\Unicode.bs
Installing C:\usr\site\lib\auto\Jcode\Unicode\Unicode.dll
Installing C:\usr\site\lib\auto\Jcode\Unicode\Unicode.exp
Installing C:\usr\site\lib\auto\Jcode\Unicode\Unicode.lib
Installing C:\usr\html\site\lib\Jcode.html
Installing C:\usr\html\site\lib\Jcode\Unicode.html
Installing C:\usr\html\site\lib\Jcode\Unicode\Constants.html
Installing C:\usr\html\site\lib\Jcode\Unicode\NoXS.html
Files found in blib\arch: installing files in blib\lib into architecture dependentlibrary tree
Installing C:\usr\site\lib\Jcode.pm
Installing C:\usr\site\lib\mac_install.pl
Installing C:\usr\site\lib\win_install.pl
Installing C:\usr\site\lib\Jcode\Constants.pm
Installing C:\usr\site\lib\Jcode\H2Z.pm
Installing C:\usr\site\lib\Jcode\Tr.pm
Installing C:\usr\site\lib\Jcode\Unicode.pm
Installing C:\usr\site\lib\Jcode\_test.pl
Installing C:\usr\site\lib\Jcode\Unicode\Constants.pm
Installing C:\usr\site\lib\Jcode\Unicode\NoXS.pm
Successfully installed Jcode version 0.87 in ActivePerl 5.8.6.811.

実際にインストールを実行してみると「PPMチュートリアル(1) - PPMでモジュールをインストールする」と同じような結果出力になります。

インストールの確認

C:\usr\tmp\Jcode-0.87>ppm query ^J
Querying target 1 (ActivePerl 5.8.6.811)
  1. Jcode        [0.87] Japanese Charset Handler

インストールが終わったらqueryコマンドで確認します。


この例題から分かるように、

ppm コマンド

でWindowsのコマンドプロンプトから直接ppmのコマンドを実行する事ができます。例えば、

ppm s Jcode

でリポジトリにあるJcodeモジュールの最新版を検索する事ができます。最新のJcodeをインストールするには、

ppm install Jcode

とするだけです。PPMに慣れてくるとコマンドプロンプトで直接インストールする方が便利かもしれません。

このチュートリアルでは、Jcodeモジュールの(最新でない)バージョン0.87をインストールしました。次のチュートリアルでは、このモジュールを最新版にアップグレードします。



最終更新のRSS Last-modified: Sat, 18 Jun 2005 13:03:13 JST (4478d)