2005-05-14

TREND MICRO ウイルスバスター 2005

ステップ(1)

ウイルスバスターの[パーソナルファイアウォール]画面を開きます。

firewall-t01.gif

現在有効なプロファイル(上の例では[家庭内ネットワーク2])を選択して、[編集]ボタンを押します。

ステップ(2)

firewall-t02.gif

まず、[セキュリティレベル]を確認します。この例ではセキュリティレベルが[中]になっています。これは除外設定しなければ「デフォルトで受信拒否」です。この場合は、Webサーバが使っているポートを除外設定する必要があります。

一方、セキュリティレベルが[低]になっている場合は、「デフォルトで受信許可」になります。従って、通常は除外設定する必要はありませんが、後でセキュリティレベルを[低]に変更する場合も考えて設定しておきましょう。

ステップ(3)

firewall-t03.gif

[除外リスト]の中から[Webサービス(HTTP)]を選択し、[編集]ボタンを押します。
※ 除外リストの中に[Webサービス(HTTP)]が無い場合は、[追加]ボタンを押して下さい。
※ 以下の編集が終わったら、[Webサービス(HTTP)]にチェックをつけて[OK]ボタンを押して下さい。

ステップ(4)

firewall-t04.gif

上のように80,8080番でWebサーバへのTCP接続ができるように設定し、[OK]ボタンを押します。

特定のアプリケーション(Apache)に対して全てのポートを受信許可にする設定もできますが、本編では他のWebサーバも導入しているのでこの方法は使いません。また、IP設定はWebサーバの設定と重複するのでここでは行ないません。



最終更新のRSS Last-modified: Sat, 04 Jun 2005 22:04:51 JST (4491d)