Category:無題 2006-03-23

高血圧教室に行って来ました

昨日、高血圧教室に行って来ました。昨年来、血圧が少し高いと病院の先生から言われています。そしてその先生から高血圧教室を紹介されたからです。病院で測定する血圧は、(最高血圧)140/(最低血圧)90 以下が正常範囲のようです。また、家庭で測定する場合(起床後と就寝前)は 135/95 程度を目安にするのが良いようです。私の場合はちょうどその境界値に当たっています。

また、高血圧に加え、高脂血症も病院から指摘されています。高脂血症の検査値も境界型です。このように2つ以上の境界値を持つ人は3つ以上の境界値(高血糖など)を持っている場合が多いそうです。なぜなら、原因が同じだからです。その原因は「内臓肥満」。最近は「メタボリック症候群」とも呼ばれているようです。内臓肥満は「動脈硬化」を引き起こし、最終的に循環器病(心臓病と脳卒中)を引き起こす原因になります。単純に言うと循環器病を予防するには「内臓肥満にならないようにする」事です。(この辺の話は高血圧教室の受け売りです)

高血圧教室は約2時間半にわたり、内科医、看護師、管理栄養師の話を聞く事ができました。この話の中でこれまでに思っていた事と違った事実を聞く事ができて、大変有意義でした。まず1つは、

  • 内臓脂肪は皮下脂肪に比べて、付き易く、落ち易い

と言う事です。内臓脂肪は普通預金、皮下脂肪は定期預金と考えると分かり易いと思います。つまり、内臓脂肪は比較的楽に減らす事ができるのです。そして、もう1つは、

  • 運動は10分でも毎日続ける事が大事

と言う事です。私は、脂肪を燃焼するには20〜30分以上の有酸素運動をしないといけないと思い込んでいました。この認識は誤りでした。これより短い(例えば10分の)有酸素運動でも脂肪燃焼が起きないという訳ではないのです。大切なのは、総有酸素運動時間なのだそうです。10分の運動を3回すれば、30分の運動と同じ事になります。この考え方は、気持ちを大変楽にしてくれます。10分の運動でも意味はあるのです。朝15分と昼休み15分のウォーキング。決して難しい事ではありません。私は今日から始めています。

40才を超えて初めて感じた事ですが、体は既にコーナーを曲がり切っています。高血圧、高脂血症、高血糖。今はまだ大丈夫です。でも病状の進行は10年単位で起こります。幾何級数をイメージして下さい。病状が目に見えてからでは遅いのです。プログラマーも決して規則正しい職業ではありません。生涯エンジニアを目指す為にも、健康管理の大切さを再認識させられた一日でした。


  • 体に気をつけてください 奥さんも心配されているでしょう? 私も心配します(笑) もっと知識を与えてください(*^_^*) いつもありがとうございます -- アップル 2006-03-24 22:08:27 (金)
  • 31歳にして、高脂血症・高尿酸血症...です。総運動量!!大変参考になりました。有難うございます。 -- take4 2006-03-25 19:17:44 (土)

最終更新のRSS Last-modified: Wed, 12 May 2010 09:00:35 JST (2509d)