2005-05-17

Windows版パッケージの入手

本編でインストールするパッケージは「ActivePerl 5.8.6.811 Windows版」です。 ActiveState社のサイト(http://www.activestate.net/)にアクセスします。

download01.gif

トップページのメニューの中から[LANGUAGES][ActivePerl]をクリックします。


download02.gif

[DOWNLOAD]をクリックします。


download03.gif

ダウンロードの前にRegister画面が表示されます。製品のアップデート情報などを送信する連絡先(名前、メールアドレス、会社名)が登録できます。登録しなくてもダウンロードには差し支えありません。必要に応じて入力した後、[NEXT]をクリックします。


download04.gif

Download画面が表示されます。ActivePerl 5.8.6.811の中からWindows用のMSI(Windowsインストーラパッケージ)をクリックしてダウンロードを開始します。

Download画面を注意深く見ると[minimum requirements]と書かれているリンクがあります。このリンクをクリックすると、ActivePerlの動作環境についてのページが開きます。本編ではWindows XPを対象としているので特に問題ありませんが、Windows 2000以前の環境を使用している場合は、このページを参考に必要な環境を整えて下さい。

download05.gif

ここでダウンロードしたファイルは、

ActivePerl-5.8.6.811-MSWin32-x86-122208.msi

です。

ActivePerlのバージョンについて

本編ではActivePerl 5.8.6.811を使用します。現時点(2005/3)では、このバージョン以外にActivePerl 5.6.1.638もDownload画面から入手できます。これらのバージョンの違いは、ActivePerlのベースがPerl 5.8系によるものか、またはPerl 5.6系によるものかの違いです。

インストールの前に

ActivePerl Windows版では、既定のインストールフォルダがC:\Perl\ になっています。このままでも構いませんが、CGIで使用するPerlのパスを、多くのプロバイダと同じ

/usr/local/bin/perl または
/usr/bin/perl

に合わせて置いた方が後々便利です。従ってActivePerlのインストールフォルダを、

C:\usr\local\ または
C:\usr\

にします。ActivePerlのインストーラはインストールフォルダ下にperl本体を置くbinのフォルダを自動的に作成します。本編では、Perlパスを/usr/bin/perlにするのでC:\usr\ にActivePerlをインストールする事にします。



最終更新のRSS Last-modified: Wed, 18 May 2005 09:27:47 JST (4452d)