2005-11-29

無料で揃える開発環境 − CMS編

はじめに

CMS(コンテンツマネジメントシステム)は開発環境ではありませんが、今やWebの世界ではなくてはならない存在になっています。オープンソースのCMSは非常によく出来ており、最新の技術もいち早く取り入れられているのでWebプログラミングの良き手本となります。また、CMSをカスタマイズしてサイトを構築する手法も積極的に進んでいるので、今やオープンソースのCMSはWebプログラマーにとっては必須のスキルだと思います。

本編では無償で利用できるCMSのインストールと設定について説明します。オープンソースのCMSと聞いて一番最初に思いつくのは多分XOOPS(ズープス)ではないでしょうか。他のCMSについては現在調査中です。XOOPSはPHPなでの、Perlで書かれているポータル系のCMSでお勧めがあればご一報ください。

CMSの選択

XOOPS Cube(ズープス キューブ)

XOOPSとはeXtensible Object Oriented Portal System (拡張可能なオブジェクト指向ポータルシステム)の略で、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の一種です。そして、XOOPS CubeはXOOPSから派生したCMSで日本語を含むマルチバイト環境に対応しています。XOOPS Cubeとはコミュニティサイトを手軽に立ち上げることのできるソフトで、オープンソースライセンスであるGPLに基づいて開発されています。XOOPS Cubeを利用すれば、非常に高機能なコミュニティサイトを簡単に構築できます。尚、本編ではXOOPS Cubeを単に「XOOPS」と呼びます。

XOOPS CubeはPHPとMySQLにより開発されており、オープンソースであり、フリー且つ手軽に利用できることから、特に海外では多くのユーザの支持を得ています。XOOPS Cubeを実際に使用するにはPHPとMySQLがインストールされたサーバが必要になりますが、ほとんどのOS上で動作することが確認されています。

リンク

XOOPS Cube


最終更新のRSS Last-modified: Sat, 22 May 2010 22:07:01 JST (2528d)