2005-05-13

無料で揃える開発環境 - Webサーバ編

はじめに

本編ではWebサーバのインストールと設定について説明します。ここでのWebサーバ導入の目的はインターネットへの公開ではなく、ローカル環境でのPerl/PHPスクリプトのテスト環境の構築です。従って、セキュリティ面に対する考慮をしておりませんのでご注意下さい。

WWWサーバの選択

Apache

圧倒的なシェアを誇るWebサーバです。Apacheはフリーソフトウェアとして無償で公開され、世界中のボランティアの手によって開発されています。もともとはUNIX系ですが、現在ではWindowsなどの他のOSでも作動します。

AN HTTPD

日本人に手による無料で使えるWebサーバです。AN HTTPD は Windows用の Webサーバで、SSI/CGIの使用が可能です。ディレクトリエイリアス、基本認証、バーチャルホスト などWebサーバの基本的な機能は勿論、プロキシ/キャシュサーバとして作動する他、ISAPIにも対応しています。またApacheと同様にWindowsのサービスに対応しています。

動作環境

Windows XP Pro.(SP2) を例に説明します。 WindowsではIISが稼動していないものと仮定しています。IISと共存させる場合はIISで使用しているポート番号を避けてApatch/AN HTTPDのポート番号を設定して下さい。

Webサーバポート番号使用目的
Apatch80通常のテスト用WWWサーバとして使用。サービスとして起動する
AN HTTPD8080特別な用途のWWWサーバとして使用。必要な時に起動する


リンク

Apache

AN HTTPD


記事についての、ご意見ご感想を入力して下さい

■コメントスパンが多発しているので当分コメントはお休みします。


最終更新のRSS Last-modified: Thu, 08 May 2008 08:18:09 JST (3506d)