Ground Sunlight

Windowsで作る - Webプログラミングの開発環境(PHP)

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メインメニュー

XAMPP アレンジ

道具箱

リポジトリ編

フレームワーク編

公開ソフトウェア

メタ
リンク


このページへのアクセス
今日: 1 / 昨日: 2
総計: 139

apricot:app:user-list

Apricot ユーザ一覧画面

ルーティング

以下のように config/routes.php を変更し、Userコントローラのルートを作ります。ここでは、Userコントローラの全てのルートを作成しますが、本章(ユーザ一覧画面)で使うルートは /users だけです。

/apricot/config

routes.php
<?php
//-------------------------------------------------------------------
// Route Definition Callback
//-------------------------------------------------------------------
return function (FastRoute\RouteCollector $r)
{
    $base = Core\Application::getInstance()->getRouteBase();
    $r->addGroup($base, function (FastRoute\RouteCollector $r) use($base)
    {
        // User
        $r->get ('/users', 'UserController@index');
        $r->get ('/user/create', 'UserController@create');
        $r->post('/user/insert', 'UserController@insert');
        $r->get ('/user/{id:\d+}/edit', 'UserController@edit');
        $r->post('/user/{id:\d+}/update', 'UserController@update');
        $r->post('/user/{id:\d+}/delete', 'UserController@delete');
 
        // Home
        $r->get ('/home', 'HomeController@index');
        $r->get('/', function() use($base){
            header("Location: " . $base.'/home');
        });
 
        // Stub
        $r->get('/stub[/{no:\d+}]', 'StubController@index');
    });
};
  • /users — ユーザ一覧画面
  • /user/create — ユーザ新規登録画面
  • /user/insert— ユーザレコード挿入
  • /user/{id:\d+}/edit — ユーザ編集画面
  • /user/{id:\d+}/update — ユーザレコード更新
  • /user/user/{id:\d+}/delete — ユーザレコード削除

ルーティング設定に関してはFastRouteを参照して下さい。


ユーザモデル

Model を継承してユーザモデルを作ります。

モデルのクラス名は命名規則に従いテーブル名(user)を UpperCamelCase にした User になります。ユーザ一覧画面では特にUserクラスで実装するメソッドはなく全てModelクラスのメソッドを使用します。

/apricot/app/Model

User.php
<?php
namespace App\Models;
 
use App\Foundation\Model;
 
/**
 * ユーザモデル
 */
class User extends Model
{
}


ユーザコントローラ

Controller を継承してユーザコントローラ( UserController )を作ります。

/apricot/app/Controllers

UserController.php
<?php
namespace App\Controllers;
 
use App\Exceptions\ApplicationException;
use App\Foundation\Controller;
use App\Models\User;
 
/**
 * ユーザコントローラ
 */
class UserController extends Controller
{
    /**
     * User
     * @var \App\Models\User
     */
    private $user;
 
    /**
     * ユーザコントローラの生成
     */
    public function __construct()
    {
        // モデル
        $this->user = new User();
    }
 
    /**
     * ユーザ一覧
     * @return \Core\Foundation\Response
     */
    public function index()
    {
        // 全件検索
        $users = $this->user->findAll();
        return render("user.index", ["users"=>$users]);
    }
 
    /**
     * ユーザ新規登録
     * @return \Core\Foundation\Response
     */
    public function create()
    {
        // Stub
        $title = 'ユーザ新規登録';
        $messages[] = "This is Stub.";
 
        return render('stub',['title'=>$title,'messages'=>$messages]);
    }
 
    /**
     * ユーザ編集
     * @return \Core\Foundation\Response
     */
    public function edit(int $id)
    {
        // Stub
        $title = 'ユーザ編集';
        $messages[] = "This is Stub.";
 
        return render('stub',['title'=>$title,'messages'=>$messages]);
    }
}
  • index() : ユーザ一覧
    • ボイラープレートのrender()関数を呼び出してレスポンスをレンダリングしています
    • render(string $view=null, array $variables=[])
      1. $view : テンプレート名
        上例では assets/views/user/index.blade.php がテンプレートファイルになります
      2. $variables : テンプレート変数の連想配列
        上例では検索結果( $users )をテンプレートに渡しています。
  • create() : ユーザ新規登録
  • edit() : ユーザ編集


HTMLテンプレート

以下にユーザコントローラのindexアクションでレンダリングしているHTMLテンプレートを示します。

/apricot/assets/views/user

index.blade.php
{{-- 親レイアウト --}}
@extends('layout')
 
{{-- 追加スクリプト --}}
@push('scripts')
<script type="text/javascript">
$(function(){
    $('tr[data-href]').on('click', function(){
        location.href = $(this).data('href');
    });
});
</script>
@endpush
 
{{-- タイトル --}}
@section('title', __('messages.user.index.title'))
 
{{-- コンテンツ --}}
@section('content')
<div class="table-responsive">
    <table class="table table-hover">
        <thead>
            <tr>
                <th>{{__('messages.user.index.id')}}</th>
                <th>{{__('messages.user.index.account')}}</th>
                <th>{{__('messages.user.index.email')}}</th>
                <th>{{__('messages.user.index.created_at')}}</th>
            </tr>
        </thead>
        <tbody>
            @foreach($users as $user)
            <tr data-href="{{route("user/{$user->id}/edit")}}">
                <td>{{ $user->id }}</td>
                <td>{{ $user->account }}</td>
                <td>{{ $user->email }}</td>
                <td>{{ ViewHelper::formatDatetime($user->created_at) }}</td>
            </tr>
            @endforeach
        </tbody>
    </table>
</div>
<button type="button" id="btn_new" class="btn btn-secondary" onclick="location.href='{{route('user/create')}}'">{{__('messages.user.index.btn_new')}}</button>
@endsection
  • extends, push, section の各ディレクティブについては、スタブ画面 を参照して下さい。
  • ボイラープレート__(), route() については、layout.blade.php を参照して下さい。
  • ユーザ一覧表示
    • テンプレート変数 $users を使いユーザ一覧を表示しています。
    • @foreach はPHPの foreach と同じ機能を有するディレクティブです。
    • ViewHelper::formatDatetime は日時のフォーマットを行うアプリのヘルパー関数です

HTMLテンプレートに関しては本編BladeOneのリンクを項を参照して下さい。


ホーム画面の変更

Apricotのメニューからユーザ一覧画面を表示するために、layout.blade.php を以下のように変更します。

/apricot/assets/view

layout.blade.php
...
 
            <ul class="navbar-nav mr-auto">
                <li class="nav-item"><a class="nav-link" href="{{route('users')}}">{{__('messages.app.menu.menu1')}}</a></li>
                <li class="nav-item"><a class="nav-link" href="{{route('stub/2')}}">{{__('messages.app.menu.menu2')}}</a></li>
                <li class="nav-item"><a class="nav-link" href="{{route('stub/3')}}">{{__('messages.app.menu.menu3')}}</a></li>
                <li class="nav-item"><a class="nav-link" href="http://y2sunlight.com/ground/doku.php?id=apricot:top" target="_blank">{{__('messages.app.menu.about_me')}}</a></li>
            </ul>
 
...
  • Menu1のリンクを route('stub/1') から route('users') に変更します。


翻訳テキスト

翻訳ファイル( messages.php )を以下のように変更します。

apricot/assets/lang/ja

messages.php
<?php
return [
    'app'=>[
        'title'=>env('APP_NAME'),
        'menu'=>[
            'menu1'=>'Users',
            'menu2'=>'Menu2',
            'menu3'=>'Menu3',
            'logout'=>'Logout',
            'about_me'=>'About Me',
        ],
    ],
    ...
 
    'user'=>[
        'index'=> [
            'title'=>'ユーザ一覧',
            'id'=>'ID',
            'account'=>'アカウント',
            'email'=>'メールアドレス',
            'note'=>'備考',
            'created_at'=>'登録日',
            'btn_new'=>'新規',
        ],
    ],
];
  • メニュー項目表示 app.menu.menu1 の値を 'Menu1' から 'Users' に変更します。
  • ユーザ一覧画面用の翻訳テキストを user.index に追加します。


テスト実行

ユーザ一覧画面を表示してみましょう。ブラウザ上で以下のURLにアクセスしてみて下さい。

http://localhost/ws2019/apricot/public/

■ [Users]メニューをクリックすると次の画面が表示されます

■ [新規]ボタンを押すとユーザ新規登録画面のスタブが表示されます
■ リスト内のユーザをクリックするとユーザ編集画面のスタブが表示されます


コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
 
apricot/app/user-list.txt · 最終更新: 2020/05/21 10:41 by y2sunlight