Ground Sunlight

Windowsで作る - Webプログラミングの開発環境(PHP)

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メインメニュー

道具箱

フレームワーク編

REST-API構築編

Webサービス編

メタ


このページへのアクセス
今日: 1 / 昨日: 0
総計: 51

mariadb:10.4:server-info

MariaDB10.4 サーバ情報の取得 

y2sunlight 2019-10-15

MariaDBに戻る

関連記事

以下「MySQL」は「MariaDB」に読み替えて下さい


前の「システム変数の参照と変更」ではSHOW VARIABLESを使ってシステム変数を参照しましたが、SHOW文にはこれ以外にもサーバに関するいろいろな情報を提供する形式があります。以下では、トランザクションに関係するストレージエンジン(テーブルタイプ)や文字セット関連のサーバ情報を取得してみます。

尚、SHOW文については以下を参照して下さい。

ストレージエンジンに関する情報

ブラウザからサンプルプログラム(sqlfile.php)を実行します。

http://localhost/mysql/sqlfile.php?f=svinfo1.sql
svinfo1.sql
SHOW ENGINES;

実行結果

SHOW ENGINESはストレージエンジンに関する情報を表示します。この表示から、InnoDBがデフォルトのストレージエンジンである事が分かります。デフォルトのストレージエンジンは、CREATE TABLEで使用されるデフォルトのテーブルタイプです。本編では、サーバオプションファイル(my.ini)のmysqldセクション中でデフォルトのストレージエンジンを指定しています。

default-storage-engine=InnoDB

実行時にデフォルトのストレージエンジンを変更するには、システム変数storage_engine を変えます。

SET storage_engine=Aria;

MySQLはマルチストレージエンジンに対応しています。同じデータベースの中に異なったストレージエンジンのテーブルを作成する事ができます。デフォルトのストレージエンジン以外でテーブルを作成するには、CREATE TABLE文のオプション(ENGINEまたはTYPE)で指定します。

CREATE TABLE syain( ・・・ ) ENGINE = Aria;

文字セットに関する情報

ブラウザからサンプルプログラム(sqlfile.php)を実行します。

http://localhost/mysql/sqlfile.php?f=svinfo2.sql
svinfo2.sql
SHOW CHARACTER SET;

実行結果

SHOW CHARACTER SETは全ての利用可能な文字セットを表示します。Charsetカラムは文字セット名です。漢字コードを指定するのに特に興味有る文字セット名はutf8/ujis/sjisです。

Default collationカラムはデフォルトの照合順序名です。照合順序(collation)とは文字を比較する場合の順序付け規則の事です。各文字セットにはデフォルトの照合順序があります。

Maxlenカラムは1文字を格納するに要する最大のバイト数を表しています。

データベースに関する情報

ブラウザからサンプルプログラム(sqlfile.php)を実行します。

http://localhost/mysql/sqlfile.php?f=svinfo3.sql
svinfo3.sql
SHOW CREATE DATABASE test;
SHOW CREATE DATABASE test_utf8;

実行結果

SHOW CREATE DATABASEはデータベースの作成情報を表示します。上の表示から、データベースtestの文字セットはlatin1で、test_utf8の方はutf8という事が分かります。本例では、test_utf8 は以下のSQL文で作成しました。

CREATE DATABASE test_utf8 DEFAULT CHARACTER SET utf8;

テーブルに関する情報

ブラウザからサンプルプログラム(sqlfile.php)を実行します。

http://localhost/mysql/sqlfile.php?f=svinfo4a.sql
svinfo4a.sql
USE test;
SET storage_engine = Aria;         #この設定は有効です
SET character_set_database = sjis; #この設定は無意味です
 
DROP TABLE IF EXISTS syain;
CREATE TABLE syain (
  syain_no INT(10) NOT NULL,
  syain_name VARCHAR(50),
  bumon_no INT(10),
  PRIMARY KEY (syain_no)
);
SHOW CREATE TABLE syain;

実行結果

SHOW CREATE TABLEはテーブルの作成情報を表示します。この例題での興味ある情報はテーブル作成時のオプション(ENGINとDEFAULT CHARSET)です。

システム変数storage_engineをAriaに変更しているのでsyainテーブルはAriaで作成されています。storage_engineを変更しなければInnoDBで作成されます。ストレージエンジンの変更はCREATE TABLEのオプションで指定する事もできます。

CREATE TABLE syain( ・・・ ) ENGINE = Aria;

この例では、システム変数character_set_database をsjisに変更していますが、この設定は無意味です。テーブル作成時のデフォルトの文字セットは、データベース(test)の文字セットが使用されます。変更するにはCREATE TABLEのオプションで明示的に指定する必要があります。

CREATE TABLE syain( ・・・ ) DEFAULT CHARACTER SET  = sjis;

以下は、utf8を文字セットに利用しているデータベース(test_utf8)を使った実行例です。

ブラウザからサンプルプログラム(sqlfile.php)を実行します。

http://localhost/mysql/sqlfile.php?f=svinfo4b.sql
svinfo4b.sql
USE test_utf8;
 
DROP TABLE IF EXISTS syain;
CREATE TABLE syain (
  syain_no INT(10) NOT NULL,
  syain_name VARCHAR(50),
  bumon_no INT(10),
  PRIMARY KEY (syain_no)
);
SHOW CREATE TABLE syain;

実行結果

テーブル作成時のオプション(ENGINとDEFAULT CHARSET)は、ストレージエンジンがInnoDB、文字セットがutf8になり、全てデフォルト値が有効になっています。

mariadb/10.4/server-info.txt · 最終更新: 2019/10/30 11:25 by y2sunlight