Ground Sunlight

Windowsで作る - PHPプログラミングの開発環境

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メインメニュー

XAMPP アレンジ

IED

WSL2

道具箱

リポジトリ編

フレームワーク編

公開ソフトウェア

メタ
リンク


このページへのアクセス
今日: 3 / 昨日: 3
総計: 917

wsl2:command

WSL2 コマンドリファレンス

y2sunlight 2020-12-07

WSL2に戻る

関連記事

リンク

本章はMicrosoftドキュメントの邦訳に注釈を加えたものです。


WSLと対話する最良の方法は、wsl.exeコマンドを使用することです。

WSL2をデフォルトバージョンとして設定する

Powershellで次のコマンドを実行して、新しいLinuxディストリビューションをインストールするときにWSL2をデフォルトバージョンとして設定します。

wsl --set-default-version 2


ディストリビューションのバージョンをWSL1またはWSL2に設定する

PowerShellコマンドラインを開いて次のコマンドを入力すると、インストールした各Linuxディストリビューションに割り当てられているWSLバージョンを確認できます。( Windowsビルド19041以降でのみ使用可能: wsl -l -v

wsl --list --verbose

実行例

PS C:\> wsl --list --verbose
  NAME            STATE           VERSION
* Ubuntu-20.04    Running         2

ディストリビューションのバージョン(WSL1 またはWSL2)を設定するには、以下を実行してください:

wsl --set-version <distribution name> <versionNumber>

<distribution name> はディストリビューションの実際の名前に置き換え、<versionNumber> は番号「1」または「2」に置き換えてください。上記と同じコマンドを実行し、「2」を「1」に置き換えることで、いつでもWSL1に戻すことができます。

さらに、WSL2をデフォルトのアーキテクチャにしたい場合は、次のコマンドを使用して行うことができます:

wsl --set-default-version 2

これにより、インストールされた新しいディストリビューションのバージョンがWSL2に設定されます。

wsl.exe

以下は、Windowsバージョン1903以降の wsl.exe を使用する場合のすべてのオプションを含むリストです。

使用法:

wsl [Argument] [Options...] [CommandLine]


Linuxコマンドを実行する

  • 引数なし
    コマンドラインが指定されていない場合、wsl.exe はデフォルトのシェルを起動します。
  • --exec <CommandLine>, -e <CommandLine>
    デフォルトのLinuxシェルを使用せずに、指定されたコマンドを実行します。
  • --
    残りのコマンドラインをそのまま渡します。

上記のコマンドは、次のオプションも受け入れます:

  • --distribution <Distro>, -d <Distro>
    指定されたディストリビューションを実行します。
  • --user <UserName>, -u <UserName>
    指定されたユーザーとして実行します。


WSLを管理する

  • --export <Distro> <FileName>
    ディストリビューションをtarファイルにエクスポートします。ファイル名は、標準出力の場合は - にすることができます。
  • --import <Distro> <InstallLocation> <FileName>
    指定されたtarファイルを新しいディストリビューションとしてインポートします。ファイル名は、標準入力の場合は - にすることができます。
  • --list [Options], -l [Options]
    ディストリビューションをリストします.
    Options:
    • --all
      現在インストールまたはアンインストールされているディストリビューションを含む、すべてのディストリビューションを一覧表示します。
    • --running
      現在実行中のディストリビューションのみを一覧表示します。
    • --quit, -q
      ディストリビューション名のみを表示します。
    • --verbose, -v
      すべてのディストリビューションについての詳細情報を表示します。
  • --set-default <Distro>, -s <Distro>
    デフォルトのディストリビューションを設定します。
  • --terminate <Distro>, -t <Distro>
    指定されたディストリビューションを終了します。
  • --shutdown
    実行中のすべてのディストリビューションとWSL2ライトウェイト ユーティリティ仮想マシンを直ちに終了します。
  • --unregister <Distro>
    ディストリビューションの登録を解除します。
  • --help 使い方を表示します。


追加のコマンド

WSLと対話するための歴史的なコマンドもあります。それらの機能は wsl.exe に含まれていますが、引き続き使用できます。

wslconfig.exe

このコマンドを使用すると、WSLディストリビューションを構成できます。以下はそのオプションのリストです。

使用法:

wslconfig [Argument] [Options...]

引数

  • /l [Options], /list [Options]
    登録済みのディストリビューションを一覧表示します。

Options:

  • /all
    オプションで、現在インストールまたはアンインストールされているディストリビューションを含む、すべてのディストリビューションを一覧表示します。
  • /running
    現在実行中のディストリビューションのみを一覧表示します。
  • /s <Distro>, /setdefault <Distro>
    デフォルトのディストリビューションを設定します。
  • /t <Distro>, /terminate <Distro>
    ディストリビューションを終了します。
  • /u <Distro>, /unregister <Distro>
    ディストリビューションの登録を解除します。
  • /upgrade <Distro>
    ディストリビューションをWslFsファイルシステム形式にアップグレードします。


bash.exe

このコマンドは、bash シェルを開始するために使用されます。 以下は、このコマンドで使用できるオプションです。

使用法:

bash [Options...]
  • オプションなし
    現在のディレクトリでBashシェルを起動します。Bashシェルがインストールされていない場合、自動的に lxrun /installが実行されます。(lxrun /install は Windows 10 1803 以降では非推奨になっているWSLのダウンロードとインストール処理を行うコマンドです)
  • ~
    bash ~ はユーザーのホームディレクトリの中で bash シェルをに起動します。 cd〜 の実行に似ています。
  • -c "<command>"
    コマンドを実行し、出力をプリントして、Windowsコマンドプロンプトに戻ります。
    例: bash -c "ls"


コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
 
wsl2/command.txt · 最終更新: 2020/12/24 09:51 by y2sunlight